介護職員初任者研修とは?

2013年4月ニュース   ホームヘルパー2級が介護職員初任者研修に移行。

簡単に言うと介護の資格で有名な
ホームヘルパー⇒介護職員基礎研修⇒介護福祉士となっていたキャリアパスが
介護初任者研修⇒介護福祉士⇒認定介護福祉士となる。

初任者研修は将来介護職が続けられるという希望をもてるように在宅や施設どちらの介護の基本と知識・技術が身につく研修をするというのが趣旨です。

介護職員初任者研修は何がかわる?

介護ヘルパーと介護職員初任者研修の試験の相違点

ホームヘルパー2級 介護職員初任者研修
研修時間 130時間 130時間
施設実習 あり なし
筆記試験 なし あり

以下の2点が違う!
1.まず施設実習は介護職員初任者研修ではありませんがその分実技試験がプラスされます。
2.ホームヘルパーは試験がなかったのですが介護職員初任者研修では全過程が終わった後、筆記試験があります

介護職員初任者研修の試験の講座内容

介護職員初任者研修の勉強内容は在宅介護や施設介護で従事するための必要な知識や技術です。ただ介護福祉士等と比較するとやはり難易度は低くしている事から指示を受けて介護の仕事ができる程度の知識で良いようだ。

研修科目及び研修時間数
職務の理解 6時間
介護における尊厳の保持と自立支援 9時間
介護の基本 6時間
介護・福祉サービスの理解と医療との連携 9時間
介護におけるシュミレーション技術 6時間
老化の理解 6時間
認知症の理解 6時間
障害の理解 3時間
心と体の仕組みと生活支援技術 75時間
振り返り 4時間
合計 130時間

ホームヘルパー2級(訪問介護員)を取得するなら今のうち!

介護職員初任者研修は試験があります。現行のホームヘルパー2級より難しくなるのは目に見えています。ホームヘルパー2級を取得すれば介護職員初任者研修と同等の資格を有していると認められます。 下記のサイトがおススメです!

介護の資格をとるならシカトルシカトルリンク

資格・スクールを探すなら【グースクール】 グースクールリンク

介護・福祉の資格ならシカエルにおまかせ! グースクールリンク

ホームヘルパーの資格をとるなら【ケア資格ナビ】


このページの先頭へ